歯磨きの質を向上する正しいブラッシング方法でホワイトニングを

歯磨きの質を向上する正しいブラッシング方法でホワイトニングを

歯を白くするためにはホワイトング効果のある歯磨き粉を利用すると同時に、正しいブラッシング方法を実践する必要があります。
普段何気なく行っているブラッシングですが、ブラッシングの仕方一つで歯磨きの質は大きく変わってきます。

まずは正しい持ち方を!歯磨きに力は不要!

いくら歯を白くしようと頑張って歯磨きをしたり、高価なホワイトニング用の歯磨き粉を利用しても、ブラッシングの仕方が間違っていては台無しです。
まずは歯ブラシを正しく持つことから始めましょう。
歯ブラシは鉛筆を持つようにして持ちます。
こうすれば、余計な力が入らずラクに磨くことができます。
ブラッシングで一番大切なことは力を入れないことです。
歯の黄ばみを落とすためには、ゴシゴシと力を入れて磨かないと落ちないように感じてしまうのですが、歯磨きに力は不要です。
市販の歯磨き粉には研磨剤入りのものがほとんどなのですが、その上ゴシゴシと力を入れて磨いていたら、歯がどんどん削られて着色しやすい歯になってしまいます。
歯ブラシの毛先が折れ曲がっている人も多いと思うのですが、歯ブラシの毛先が曲がっていてはいくら磨いても毛先が汚れに当たらず、いっこうに汚れを除去できません。
毛先が曲がらない程度の力加減で磨くのが正しい磨き方です。
そのためには鉛筆を持つような持ち方がベストです。

前歯と奥歯のブラッシング方法について

前歯と奥歯もただやみ雲にゴシゴシしていてはいけません、
前歯とそれ以外の歯ではブラッシング方法が異なってきます。
前歯を磨く時には歯ブラシを立てて、それ以外の歯を磨く時には歯ブラシは横にした方がスムーズです。
ここで大切なのは、激しい動きは不要だということです。
前歯や上下に、それ以外は左右にと、激しくブラッシングをする必要はありません。
あくまでも歯1本1本を上下に左右にと、細かい動きで振動を与える感じで十分です。
そしてもう一つ大切なのが歯ブラシのあて方です。
歯に対して直角に歯ブラシの毛先をあてるのが基本です。
そうすることで、より広い部分を効率よく磨くことができると同時に、磨き残し防止にもなります。
ただ、食べかすが溜まりやすい奥歯や、歯並びが悪い部分は、直角にあてただけでは十分ではありません。
いろいろな角度からブラシをあてて、磨き残しがないように工夫する必要があります。

歯ブラシの選び方について

歯磨きの質を上げるためには、歯ブラシ選びも重要です。
磨きやすい歯ブラシを選ぶことで、ブラッシングもしやすくなりホワイトニング効果や虫歯予防の効果も高まります。
大人用の歯ブラシには、毛の部分がとても大きなものもあります。
一度にたくさん磨けるのかもしれませんが、歯磨きの質は下がります。
それよりも、毛の部分はできるだけ小さいものの方がブラッシングしやすいです。
歯磨きの質を上げるためには、出来るだけ小さな歯ブラシを選ぶのがおすすめです。
毛先が小さいものほど磨きたいところにしっかりとアプローチでき、1本1本の歯を丁寧に磨くことができます。
ブラシの硬さについては、それぞれの好みで選んでください。
柔らかいブラシを選ぶのが良いと思っている人も多いのですが、硬めのブラシでも力を抜いてブラッシングできるのであれば硬めでもオッケーです。
どうしても力を入れて磨く習慣が抜けないようであれば、柔らかめのブラシを選ぶと良いでしょう。
また、歯ブラシをいつまでも同じものを使っている人も多いかと思いますが、歯ブラシは定期的に交換することも大切です。
使っているうちに当然ながら雑菌がついていくので、1か月に1回くらい、長くても2か月に1回は歯ブラシを交換して清潔な歯ブラシを使うようにしましょう。

正しい歯磨きのタイミングや回数は!?

歯磨きのタイミングも大切です。
歯の黄ばみが気になる方は、汚れがつかないようにと食後すぐに歯磨きをする人が多いようです。
食後すぐに歯磨きをすれば確かに汚れは落ちやすいのですが、食事により口の中は酸性になっているので、その状態でブラッシングをしたら歯のエナメル質を傷つけやすいです。
つまりゴシゴシと力を入れて磨くのと同様にエナメル質が傷つき、これが反対に黄ばみの原因になってしまます。
またエナメル質が薄くなれば、その内側にある茶色がかった象牙質が透けて見えるようにもなりますから要注意です。
気になる人は食後すぐには水でうがいをして清潔に保ち、歯磨きは食後30分くらい経ってから行うのが良いでしょう。
また、歯磨きは回数が多ければ良いというものでもありません。
1日に2回から3回すれば十分です。
何か食べたらすぐに歯磨きをする人もいますが、これでは度重なるブラッシングでエナメル質がすり減ってしまいます。
毎食後、丁寧に歯磨きをすれば十分で、それ以外で気になれば口をゆすぐ程度でオッケーです。

 

歯磨きの質を上げることでホワイトニング効果も高まり、そして白くて健康な歯を保つことができます。
間違った歯磨きをしていた方はぜひ修正して、正しいブラッシングを心がけてください。

歯磨きの質を向上する正しいブラッシング方法でホワイトニングを関連ページ

ホワイトニングのメリットと選ぶべき歯磨き粉の特徴
ホワイトニングのメリットと選ぶべき歯磨き粉の特徴
ステイン除去がホワイトニングの近道?除去・予防の方法とは
ステイン除去がホワイトニングの近道?除去・予防の方法とは
ホワイトニングを考えた歯磨き粉ならどんな研磨剤が良いの?
ホワイトニングを考えた歯磨き粉ならどんな研磨剤が良いの?
歯科医院で行っているホワイトニングと受診の方法について
歯科医院で行っているホワイトニングと受診の方法について
少ない出費で受けられる人気のホワイトニングバーとは何なのか
少ない出費で受けられる人気のホワイトニングバーとは何なのか
ホワイトニングするなら注意したい知覚過敏とは?予防はできるのか
ホワイトニングするなら注意したい知覚過敏とは?予防はできるのか
重曹などの家庭にある物を活用した効果的なホワイトニングについて
重曹などの家庭にある物を活用した効果的なホワイトニングについて
ホワイトニングの鍵をにぎる過酸化水素で歯をキレイに
ホワイトニングの鍵をにぎる過酸化水素で歯をキレイに
ホワイトニング効果に影響する食べ物や飲み物に注意しましょう
ホワイトニング効果に影響する食べ物や飲み物に注意しましょう