ホワイトニングの鍵をにぎる過酸化水素で歯をキレイに

ホワイトニングの鍵をにぎる過酸化水素で歯をキレイに

色の濃い食品を摂ったりタバコを吸ったり、または加齢などにより歯の黄ばみはどうしても避けることができませんが、それを改善してくれるのが過酸化水素です。
歯科医院でのホワイトニングに使用される過酸化水素は、頑固な黄ばみにも強力にアプローチしてくれる成分です。

ホワイトニングの鍵を握る過酸化水素とは!?

いつもの歯磨きだけでは落とせない頑固なステインとも呼ばれる歯の黄ばみに働きかける、ホワイトニング用の歯磨き粉が人気です。
しかし、よりホワイトニング効果を期待するなら、やはり費用はかかりますが歯科医院でのホワイトニングがおすすめです。
歯科医院では、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類があるのですが、これらのホワイトニング効果の鍵を握っているのが過酸化水素と言われる成分です。
歯科医院でのホワイトニングでは、歯にホワイトニング効果のある薬剤を塗布していくのですが、現在利用されている薬剤のほとんどは、この過酸化水素が主成分となっています。
過酸化水素は化学式がH2O2で表される化合物で、殺菌剤や漂白剤として利用されています。
液体の衣料用漂白剤や髪の脱色に利用されたり、食品でもかまぼこなどの漂白のために利用されています。
名前だけ見ると口に入れても大丈夫なのかと心配になりそうな過酸化水素ですが、日本では使用基準が設けらているものの、食品添加物として認められている成分です。
他に、身体や口の消毒にも利用されており、長年にわたるさまざまな研究においても安全性が認められています。
この過酸化水素をホワイトニングに利用すれば、歯の表面だけでなく、内側までにも浸透して漂白することができます。
歯を削ったり溶かしたりといった施術なしで、安全に歯の黄ばみを取り無色化してくので、とても安全なホワイトニング方法です。
安全で高いホワイトニング効果が期待される過酸化水素ですが、残念ながら現在のところ、市販のホワイトニング用の歯磨き粉に配合することができません。

歯科医院でのホワイトニングのやり方を紹介!

歯科医院で行われるオフィスホワイトニングでは過酸化水素を使用して、短期間で歯を白くすることが可能になっています。
もう一つのホームホワイトニングでは、薬剤に過酸化尿素を使用しますが、これは自然分解して過酸化水素と尿素になるので得られる効果は過酸化水素と同じです。
ただ過酸化尿素の場合、過酸化水素の濃度が3分の1になるので、漂白効果もそれだけ低くなります。
オフィスホワイトニングは、歯科医院で行われます。
歯の表面に過酸化水素の薬剤を塗布してから、そこに特殊な光を照射していきます。
そうすることで過酸化水素が活性化されて、漂白作用が強くなります。
スピーディに効率よくホワイトニングすることができます。
一方のホームホワイトニングでは、まず歯科医院で歯型を取りマウスピースを作ります。
出来たマウスピースと過酸化尿素の薬剤を自宅に持ち帰り、寝る前などにマウスピースに薬剤を入れてはめホワイトニングを行っていきます。
ホームホワイトニングの場合、自宅で数週間マウスピースをはめて過ごします。
自宅で行うので安全性も考慮され、低濃度の薬剤を使用して時間をかけて歯を白くしていきます。

ホワイトニング効果はどのくらい持続する!?

過酸化水素の働きで高いホワイトニング効果が期待できる歯科医院でのホワイトニングですが、その効果は永遠に持続されるものではありません。
ホワイトニングにより歯がキレイに白くなったとしても、毎日の食事で着色するのは避けられません。
コーヒーや紅茶ブドウなどの着色しやすい食品だけでなく基本的にどんな食品でも着色性があるので、また毎日の飲食により徐々に着色していきます。
もちろん持続する期間は個人差も大きく、歯磨きなどの毎日のケアで大きな差が出てきます。
個人差はあるもののオフィスホワイトニングの場合では、そのまま放置しておけば3か月から半年程度で元の状態に戻ってしまいます。
時間をかけてじっくり漂白していくホームホワイトニングではもう少し持続期間が長くて、半年から1年ほどはホワイトニング効果が持続すると言われています。

白い歯を保つためのメンテナンスや注意点について

せっかく歯科医院で高い費用をかけてホワイトニングしたのですから、少しでも長く白い歯をキープしたいですね。
そのためには、歯磨きなどの毎日のケアが欠かせません。
ただ、どんなに気を付けていてもホワイトニング直後の白さを保つためには、定期的なメンテナンスが必要です。
個人差がありますが、3か月から半年に1回程度はタッチアップと言われるメンテナンスとしてのホワイトニングがおすすめです。
また、少しでも歯の白さを保つためには、施術直後には注意したい事があります。
それは、ホワイトニングを行った直後は着色しやすい状態になっているので、特に着色しやすい食べ物や飲み物は避けるように注意しなければいけません。
コーヒーや紅茶、ブドウやチョコレート、赤ワインなどのポリフェノールを豊富に含む色の濃い食品や、柑橘系やお酢、炭酸飲料などの酸性の食品も避けてください。
ホワイトニングをしてから24時間くらいは、これらの食品は避けてください。
また、普段からこれらの着色しやすい食品を食べた後には、口をしっかりすすぐなどをして気をつけておきたいですね。

 

過酸化水素は安全でホワイトニング効果の高い成分ですが、それでも普段の食事によりまた歯は黄ばみます。
毎日の歯のメンテナンスが、歯の白さを保つためには欠かせないことも忘れないでおきたいですね。

ホワイトニングの鍵をにぎる過酸化水素で歯をキレイに関連ページ

ホワイトニングのメリットと選ぶべき歯磨き粉の特徴
ホワイトニングのメリットと選ぶべき歯磨き粉の特徴
ステイン除去がホワイトニングの近道?除去・予防の方法とは
ステイン除去がホワイトニングの近道?除去・予防の方法とは
ホワイトニングを考えた歯磨き粉ならどんな研磨剤が良いの?
ホワイトニングを考えた歯磨き粉ならどんな研磨剤が良いの?
歯科医院で行っているホワイトニングと受診の方法について
歯科医院で行っているホワイトニングと受診の方法について
少ない出費で受けられる人気のホワイトニングバーとは何なのか
少ない出費で受けられる人気のホワイトニングバーとは何なのか
ホワイトニングするなら注意したい知覚過敏とは?予防はできるのか
ホワイトニングするなら注意したい知覚過敏とは?予防はできるのか
重曹などの家庭にある物を活用した効果的なホワイトニングについて
重曹などの家庭にある物を活用した効果的なホワイトニングについて
歯磨きの質を向上する正しいブラッシング方法でホワイトニングを
歯磨きの質を向上する正しいブラッシング方法でホワイトニングを
ホワイトニング効果に影響する食べ物や飲み物に注意しましょう
ホワイトニング効果に影響する食べ物や飲み物に注意しましょう