ホワイトニングを考えた歯磨き粉ならどんな研磨剤が良いの?

ホワイトニングを考えた歯磨き粉ならどんな研磨剤が良いの?

ほとんどの歯磨き粉に含まれているのが研磨剤です。
研磨剤は、歯の表面のエナメル質に付着した汚れや着色を落とす働きがある成分ですが、ホワイトニングを考えた時には注意が必要な成分です。

歯みがき粉の研磨剤は歯に悪い!?どんな名前なのか

歯の表面にあるエナメル質に付着した汚れや着色を落としてくれる研磨剤は、一見ホワイトニングのためには欠かせない成分のように思えますね。
研磨剤は昔から歯磨き粉には欠かせない成分で、歯磨き粉のパッケージには、研磨剤という名前や清掃剤という名前で記載されています。
炭酸カルシウムや歯磨用リン酸水素ナトリウム、重層炭酸カルシウムなどが、研磨剤や清掃剤として多くの歯磨き粉に配合されています。
毎日の飲食や喫煙により、歯には汚れや着色が付着していきます。
食後や寝る前の歯磨きで、この汚れや着色を効果的に除去していくのに研磨剤は役に立ってくれます。
しかし研磨剤という名前の通り、研磨剤には歯を削る働きがあります。
汚れや着色を落としながら、歯の表面のエナメル質が少しずつでも削られていくということです。
歯が白くなる代わりにエナメル質が削られて、歯や歯茎にダメージが加わっているのです。

ホワイトニングを考えた歯磨き粉では研磨剤は微粒子で!

ブラッシングだけでは落としきれない汚れや着色を、歯の表面を削り去ることで落としていこうとするのが研磨剤です。
ホワイトニング効果を謳う歯磨き粉の中には、強力な研磨剤が配合されたものもあります。
コーヒーや紅茶、たばこのヤニなどによるステインという歯の着色汚れは、特に厄介なものです。
これを研磨剤の力で除去しようと思えば、それだけ歯の表面も削られるということです。
強力な研磨剤により歯の表面のエナメル質が削られることで、一時的には歯がキレイになったように見えますが、歯の表面が傷ついています。
歯の表面のエナメル質が削られると、反対に着色しやすい状態となります。
また、歯と歯茎へのダメージが大きいので、虫歯や知覚過敏にもなりやすいです。
さらに、研磨剤によってエナメル質が薄くなっていくと、歯の内部の象牙質の色が目立つようになります。
象牙質の色は真っ白ではないので、反対に黄ばみが目立つようになる恐れもあります。
これではせっかくのホワイトニングのための歯磨きも逆効果です。
ホワイトニングを目的に歯磨き粉を選ぶ際には、研磨剤は微粒子で入っているものを選びましょう。
市販のホワイトニング用の歯磨き粉の中には、舌で触れるとざらざらとした感じがするものが多いですが。これは研磨剤の粒が大きいからで、それだけエナメル質を削る力も大きいです。
研磨剤の粒子を細かく微粒子化して配合されたホワイトニング用の歯磨き粉もたくさんあるので、そういったものを選ぶようにしましょう。

ホワイトニング用の歯磨き粉にはどんな成分が!?

ホワイトニング用の歯磨き粉に期待する効果は、もちろん歯を白くすることです。
しかし、日本で販売されているホワイトニング用の歯みがき粉には、歯を漂白する効果のある成分は配合できないことになっています。
過酸化水素水などの歯を漂白する作用がある薬剤を使い、ホワイトニングができるのは歯科医院だけになります。
日本で販売されているホワイトニング用の歯磨き粉には、コーヒーや紅茶などの色素の強い食品や、たばこのヤニでこびりついたステインを除去したり、ホワイトニング効果を長持ちさせるためのメンテナンス的な効果が期待できます。
つまり、歯の漂白はできないものの、歯を削らずに効果的に歯のエナメル質についた着色汚れを落としてくれる有効成分が配合されています。
歯の主成分と同じ成分で、歯垢の吸着除去や歯のエナメル質を滑らかにしてくれる作用があるハイドロキシアパタイトや、イオンの力で汚れを浮かせて効果的に着色汚れを除去するピロリン酸ナトリウム、他に虫歯予防の効果が期待できるフッ素などが含まれています。
ドラッグストアで市販されている歯磨き粉の中には、これらの有効成分が配合されていなくてもパッケージにはホワイトニング、の文字があるので注意してください。

ホワイトニング用の歯磨き粉を使う時の注意点

ホワイトニング用の歯磨き粉は、研磨剤が強力でないものを選ぶことが大切ですが、それと同時に磨き方にも注意が必要です。
歯を白くしようとついついブラッシングの時に力が入ってしまう人も多いのですが、これでは研磨剤と同様に歯を傷つける原因となるので注意してください。
力を込めて磨くのではなく、歯の表面に歯ブラシを当てたら小さく小刻みに、やさしくブラッシングをしましょう。
また、歯ブラシは柔らかいものを選び、歯茎は磨かないように注意しましょう。
ホワイトニング用の歯磨き粉は毎日使うのではなく、週に1回2回と間隔を開けて使うようにします。
歯を白くするためにとエナメル質が削れるほどに強いブラッシンングをしていると、歯や歯茎の健康を損ねてしまい、反対に歯の黄ばみにつながることも知っておいて下さい。

 

研磨剤にはメリットとデメリットがあることを知っておきましょう。
ホワイトニングを考えた場合には、強い研磨剤は逆効果になるので、研磨剤にも注意して歯磨き粉選びをしてください。

ホワイトニングを考えた歯磨き粉ならどんな研磨剤が良いの?関連ページ

ホワイトニングのメリットと選ぶべき歯磨き粉の特徴
ホワイトニングのメリットと選ぶべき歯磨き粉の特徴
ステイン除去がホワイトニングの近道?除去・予防の方法とは
ステイン除去がホワイトニングの近道?除去・予防の方法とは
歯科医院で行っているホワイトニングと受診の方法について
歯科医院で行っているホワイトニングと受診の方法について
少ない出費で受けられる人気のホワイトニングバーとは何なのか
少ない出費で受けられる人気のホワイトニングバーとは何なのか
ホワイトニングするなら注意したい知覚過敏とは?予防はできるのか
ホワイトニングするなら注意したい知覚過敏とは?予防はできるのか
重曹などの家庭にある物を活用した効果的なホワイトニングについて
重曹などの家庭にある物を活用した効果的なホワイトニングについて
歯磨きの質を向上する正しいブラッシング方法でホワイトニングを
歯磨きの質を向上する正しいブラッシング方法でホワイトニングを
ホワイトニングの鍵をにぎる過酸化水素で歯をキレイに
ホワイトニングの鍵をにぎる過酸化水素で歯をキレイに
ホワイトニング効果に影響する食べ物や飲み物に注意しましょう
ホワイトニング効果に影響する食べ物や飲み物に注意しましょう