ステイン除去がホワイトニングの近道?除去・予防の方法とは

ステイン除去がホワイトニングの近道?除去・予防の方法とは

見た目の印象を悪くしてしまう歯の黄ばみは、毎日丁寧に歯磨きをしている人でもいつの間にかついているものです。
この歯の黄ばみ、着色汚れのことをステインと言います。
なかなか取れない厄介なステインは、どうしてついてしまうのか、そして除去や予防方法についてご紹介します。

頑固な歯の着色汚れ!ステインがつく原因について

歯の着色汚れのことをステインと呼びますが、一度ついてしまったら普段の歯磨きだけでは落とすことができないとても厄介なものです。

 

ステインは、ポリフェノールを含んでいる色素の濃い食べ物や飲み物が原因となっています。
ポリフェノールとは植物に含まれている渋みのある成分のことで、赤ワインやコーヒー、紅茶、ブルーベリーやチョコレートなどにたくさん含まれています

 

つまり、これらの食べ物や飲み物を食べたり飲んだりすることが、歯の黄ばみであるステインの原因になっています。

 

歯の表面にはツルツルとしたエナメル質で覆われています。
このエナメル質は、唾液が作り出すペリクルという薄い膜をしたものでさらに覆われています。

 

ペリクルには、虫歯の原因となる酸から歯を守ってくれる働きがあるのですが、それと同時にステインを吸着する働きがあります。
ステインの原因となる食べ物や飲み物を摂ることで、色素がペリクルと結びつき徐々に歯にこびりついてしまいます。
ステインがつく原因には、食べ物や飲み物以外に加齢や喫煙も挙げられます
年齢を重ねるごとに分泌される唾液の量が減少していきます。

 

唾液には、優れた清浄作用があるので歯の着色汚れを防いでくれているのですが、唾液量の低下によりステインがつきやすくなります。

 

タバコの成分のタールはヤニとも呼ばれていますが、粘着性が強く歯の表面にステインとして付着しやすいです。

ステインの除去の仕方!歯医者でホワイトニングをしてもらう!

ステインがついてしまったら、いつもの歯磨きをいくら頑張っても落とせないので、歯医者のホワイトニングをしてもらうのも効果的です。
歯医者で行われているホワイトニングは、ステインを除去するための特殊な薬剤を使用して歯の本来の白さをよみがえらせる方法です。

 

歯に薬剤を塗って可視光線を当てていきます。
食品やたばこによってついた汚れを落としていく方法なので、審美歯科のような不自然な白さになることはありません。
しかし、ホワイトニングは歯の治療ではないので、健康保険が適用されず費用はかなり高額になります。
歯医者で行われているホワイトニングには、他にマウスピースを使って自宅でケアをしていくホームホワイトニングという方法もあります。

ホワイトニング用の歯磨き粉を利用する!

ステインを除去するためには、ホワイトニング用の歯磨き粉を利用する方法もあります。
歯医者でのホワイトニングは費用もかなり高額になりますが、市販されているホワイトニング用の歯磨き粉なら安く抑えることができます。

 

ホワイトニング効果が期待される有効成分が配合された歯磨き粉は、ドラッグストアでもたくさん販売されています。
しかし、歯を白くする、ホワイトニング、といった謳い文句がある歯磨き粉でも、ステインまでは取りきれない商品もあるので選び方に注意が必要です。

 

ドラッグストアなどでホワイトニング用の歯みがき粉を選ぶ際には、まず、ハイドロキシアパタイトなどのホワイトニングの有効成分が配合されているかが大切なポイントです。
ただ、これは研磨剤なので、歯に優しいものということであれば研磨剤や発泡剤が入っていないものを選ぶことも大切なポイントです。
研磨剤で歯の表面が削られると、そこからさらに汚れが入り込み黄ばみがひどくなる恐れがあります。

 

また、発泡剤入りの歯磨き粉では、すぐに口の中が泡だらけになり十分なブラッシングができません。
泡立つので磨けたという満足感はあるものの、磨き残しの原因になってしまいます。
さらに歯茎にも良くないと言われています。

ステインがつかないようにするには・・

頑固なステインは、除去するために時間や費用がかなりかかってしまうものなので、元からつかないように予防することが大切です。
先ほど紹介した、ステインの原因となる食べ物や飲み物に注意が必要です。
コーヒーや紅茶、チョコレート、ブドウ類には、特にポリフェノールが豊富でステインもつきやすいので、これらを摂った後にはすぐに水で口をすすぐのがおすすめです。
食後にはコーヒーが欠かせないという人も多いですが、最後には水で軽く口をすすぐだけでもかなり違います。

 

40代以降の方は特にステインがつきやすいので、食後は歯磨きができなくても口をすすぐことを習慣にしてみて下さい。

 

ガムをかむのもおすすめです。
ガムをかむことで唾液がたくさん分泌されるので、口腔内の清浄効果が高まります。

 

最近では、ステイン予防を目的とした専用のガムも販売されているので、カバンに入れておくと安心ですね。
普段からコーヒーや紅茶を良く飲む人は、寝る前だけでもホワイトニング用の歯磨き粉を使うのもおすすめです。
こびりついてしまう前に、お手入れをこまめに行うことが大切です。

 

最近ではホワイトニング効果に再付着を防いでくれる成分が配合されている歯磨き粉もあるのでおすすめです。

 

コーヒーや紅茶を飲むのが習慣になっている方や、40代以降の中高年の方は特にステインに注意が必要です。
一度ついてしまったステインは、とても頑固で落としにくいものなので食後のケアを習慣にして下さい。

ステイン除去がホワイトニングの近道?除去・予防の方法とは関連ページ

ホワイトニングのメリットと選ぶべき歯磨き粉の特徴
ホワイトニングのメリットと選ぶべき歯磨き粉の特徴
ホワイトニングを考えた歯磨き粉ならどんな研磨剤が良いの?
ホワイトニングを考えた歯磨き粉ならどんな研磨剤が良いの?
歯科医院で行っているホワイトニングと受診の方法について
歯科医院で行っているホワイトニングと受診の方法について
ホワイトニングするなら注意したい知覚過敏とは?予防はできるのか
ホワイトニングするなら注意したい知覚過敏とは?予防はできるのか
重曹などの家庭にある物を活用した効果的なホワイトニングについて
重曹などの家庭にある物を活用した効果的なホワイトニングについて
少ない出費で受けられる人気のホワイトニングバーとは何なのか
少ない出費で受けられる人気のホワイトニングバーとは何なのか
歯磨きの質を向上する正しいブラッシング方法でホワイトニングを
歯磨きの質を向上する正しいブラッシング方法でホワイトニングを
ホワイトニングの鍵をにぎる過酸化水素で歯をキレイに
ホワイトニングの鍵をにぎる過酸化水素で歯をキレイに
ホワイトニング効果に影響する食べ物や飲み物に注意しましょう
ホワイトニング効果に影響する食べ物や飲み物に注意しましょう