ホワイトニングのメリットと選ぶべき歯磨き粉の特徴

ホワイトニングのメリットと選ぶべき歯磨き粉の特徴

ひと昔前のコマーシャルで芸能人は歯が命というフレーズがあり流行しましたが、今は芸能人だけでなく一般の人でも歯のホワイトニングが普及してきました。
歯のホワイトニングをすることのメリットやホワイトニング用の歯磨き粉の特徴などをご紹介します。

歯磨きでは落とせない歯の色素汚れにアプローチ!

毎食後きちんと歯磨きをしていれば虫歯予防はできますが、歯の黄ばみまではキレイに落とせないものです。
コーヒーや紅茶、カレーなどのような歯の黄ばみになりやすい食べ物や飲み物がありますし、たばこを吸っている人はヤニ汚れもついてしまいます。
こういった歯の黄ばみやヤニは一度ついてしまったら、どんなに丁寧に歯磨きをしていてもなかなか元の白さには戻りません。
今注目されているホワイトンニングは、通常の歯磨き粉では落としきれない歯の色素汚れにアプローチするものです。
歯にこびりついた色素に作用する薬剤を使用して、少しずつ歯を白くしていきます。
黄ばみのある歯は不潔な印象を与えてしまうものです。
以前は歯医者で行われるホワイトニングが主流でしたが、最近ではもっと手軽にホワイトニングが出来る歯磨き粉もたくさん販売されています。
歯医者のホワイトニングよりもかなり費用も抑えることができ、効果も期待できる商品がたくさん販売されています。

ホワイトニングの種類について

歯のホワイトニングをしようと思ったら、選択肢は3つあります。
まず歯医者で行うオフィスホワイトニングとホームホワイトニング、そして市販されているホワイトニング歯磨き粉です。
やはり効果が高く期待できるのは、歯医者で行われているオフィスホワイとニングとホームホワイトニングです。
オフィスホワイトニングは歯医者に通って行うホワイトニングで、過酸化水素を歯の表面に塗布して特殊なライトを照射していきます。
即効性が期待できる方法ですが、効果には個人差もあるのでメンテナンスに通う事になれば、時間も費用もかなり掛かる可能性があります。
ホームホワイトニングでは、まず歯医者で歯型を取ってマウスピースを作ります。
このマウスピースにホワイトニング剤を入れて、毎晩歯に付けます。
自宅で出来ることがホームホワイトニングの魅力です。
2週間から4週間程度はマウスピースを付けて寝ることになります。
費用面や歯の白さを維持していくといったことを考えれば、ホームホワイトニングの方が効果的です。
ホワイトニング歯磨き粉は、いつもの歯磨き粉と代えるだけなので、手軽で費用も安いのが魅力です。
しかし、ドラッグストアで売られているホワイトニングと書かれた歯磨き粉の中には、実際にはホワイトニング効果の低い成分しか入っていない商品も多くあるので注意が必要です。

ホワイトニング歯みがき粉の特徴は!?配合された成分をチェック!

ホワイトニング歯みがき粉は、歯を白くすることが目的の歯磨き粉です。
歯みがき粉には実にさまざまな種類があり、虫歯予防や歯槽膿漏、歯肉炎対策に特化した歯磨き粉もあります。
ホワイトニング用の歯磨き粉は、毎日の歯磨きで歯を白くしてくれる効果がないといけません。
しかしながら、商品にホワイトニングの文字があってもホワイトニングの有効成分が配合されていない商品も多々あります。
というのも、ホワイトニング歯磨き粉には明確な基準が設けられていないからです。
ですから歯を白くする目的で歯磨き粉を選ぶ時は、パッケージの裏に記載されている成分を確認するようにしましょう。
歯についた汚れや黄ばみを落とすためには、ホワイトニングの効果が期待できる有効成分が配合されているかどうかチェックすることが大切です。
ホワイトニングの効果が期待できる代表的な有効成分はハイドロキシアパタイトです。
この名前は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
他にシリカやポリリン酸ナトリウム、ピロリン酸ナトリウムなどがあります。

ホワイトニングをする際の注意点

ホワイトニング用の歯磨き粉を選ぶ際には、研磨剤の粒子もチェックしてみて下さい。
研磨剤の粒子はより小さなものを選ぶのがおすすめです。
歯磨きをすると舌でざらざらする歯磨き粉も多いのですが、このような研磨剤の粒子が大きいものはそれだけ歯の表面を削る作用が強くなります。
歯の表面が削られることで歯が白くなりそうな気もしますが、実際には黄ばみの悪化の原因となってしまいます。
研磨剤の粒子が細かいもので歯と歯茎への刺激を最小限に抑えながらブラッシングをして、有効成分の働きで歯の汚れや黄ばみにアプローチするのが効果的です。
ホワイトニング用の歯磨き粉は一般的な歯磨き粉よりも値段が高く、商品によってかなり差もあります。
値段がより高い方がホワイトニング効果も高いように思うのですが、必ずしもそうとは限りません。
成分の配合量により値段の差が出てくるのですが、それぞれの商品によってこだわりがあります。
無添加にこだわっていたリ、希少価値のある成分を配合していたりします。
ホワイトニングには関係のないこだわりで値段が高くなっていることもあります。
歯の白さを実感出来るまでには時間もかかるので、続けやすい価格であるかどうかも大切なチェックポイントになります。

 

自宅でも手軽にホワイトニングが出来る歯磨き粉がたくさん販売されています。
ホワイトニングの有効成分や粒の大きさ、値段などをチェックして、自分にぴったりの歯磨き粉を選んでください。

ホワイトニングのメリットと選ぶべき歯磨き粉の特徴関連ページ

ステイン除去がホワイトニングの近道?除去・予防の方法とは
ステイン除去がホワイトニングの近道?除去・予防の方法とは
ホワイトニングを考えた歯磨き粉ならどんな研磨剤が良いの?
ホワイトニングを考えた歯磨き粉ならどんな研磨剤が良いの?
歯科医院で行っているホワイトニングと受診の方法について
歯科医院で行っているホワイトニングと受診の方法について
少ない出費で受けられる人気のホワイトニングバーとは何なのか
少ない出費で受けられる人気のホワイトニングバーとは何なのか
ホワイトニングするなら注意したい知覚過敏とは?予防はできるのか
ホワイトニングするなら注意したい知覚過敏とは?予防はできるのか
重曹などの家庭にある物を活用した効果的なホワイトニングについて
重曹などの家庭にある物を活用した効果的なホワイトニングについて
歯磨きの質を向上する正しいブラッシング方法でホワイトニングを
歯磨きの質を向上する正しいブラッシング方法でホワイトニングを
ホワイトニングの鍵をにぎる過酸化水素で歯をキレイに
ホワイトニングの鍵をにぎる過酸化水素で歯をキレイに
ホワイトニング効果に影響する食べ物や飲み物に注意しましょう
ホワイトニング効果に影響する食べ物や飲み物に注意しましょう