研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉なら

研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉なら

よく歯磨き粉で研磨剤というキーワードが出てきます。
最近ではネットでなんでも調べられますから研磨剤がどういった成分なのかということも少し調べれば出てきます。
そして、この研磨剤がホワイトニング歯磨き粉に含まれているととても嫌われますね。
大体知られているのが歯を傷つけるということですね。
歯を傷つけるということは知っているけどそれ以上深くは知らないという方も多いと思います。
ではこの研磨剤が具体的にどういったものなのかを紹介していきます。

研磨剤とは

まず研磨剤と言っていますが研磨剤という成分ではないんです。
無水ケイ酸、含水ケイ酸、ピロリン酸カルシウム、リン酸水素カルシウム、水酸化アルミニウム、炭酸カルシウムなどの成分のことを研磨剤と呼んでいます
歯磨き粉の裏の成分表を見てもらったらわかると思いますが研磨剤とは書いていません。
これらの成分が書かれていると思います。
清掃剤と書かれているものもあります。
いろいろな歯磨き粉をみていくと特に無水ケイ酸が使われている歯磨き粉が多いように思います。

研磨剤が良くないと言われている理由

研磨剤は歯の表面についたステイン(色素沈着)の汚れを取り除くということなのですが、それと同時に歯が削れる原因と言われています。
目に見えてわかるものではないのですが、傷がついているということなんです。
そして傷がつくとどうなるかというと一時的にステイン汚れを除去できたとしても削ってできた傷にまたステインがつき余計に取れにくいということが言われています。
だから研磨剤が使用されていない歯磨き粉が良いと言われているわけです。

 

ではなぜ市販の歯磨き粉の多くが研磨剤を使っているのかというと原料費が安いということがあるのではないでしょうか。
極力原料費を抑えることで低価格で商品を販売できます。
当然消費者は歯へのリスクなどはそれほどわかりませんから安いほうを選ぶと思います。

研磨剤の成分でも硬さが違う

研磨効果のあるものが研磨剤ですがこの研磨剤でも硬さが違います。
硬いと歯を傷つける可能性が高くなります。
無水ケイ酸やシリカはなかなか硬いです。
ただ、炭酸カルシウムなどはそれほど硬くないのでもし研磨剤を使うのであれば炭酸カルシウムが使用されているものということになります。

 

もちろん配合量も違うのでここまでいくと実際に歯磨き粉を作った人しかわからないレベルなのでもう研磨剤を使用していない歯磨き粉を選びましょうということになりますね。

 

他にも発泡剤などもありますが、研磨剤だけでいうと研磨剤を使っている安い歯磨き粉か研磨剤を使わない高めの歯磨き粉にするのかということですね。

 

さらに研磨剤が使われている歯磨き粉なら硬さが柔らかいものや粒子の小さいものを選ぶのが良いと思います。